プロキッズとは

プロキッズの活動

 

プロキッズはこれまで約3,000名以上の子供たちに、イベントや展示会でプログラミングを行ってきました。

シンガポールや上海のプログラミング教育現場にも訪れ、先進的な事例をたくさん取りいれています。

経験豊富な先生がいるからこそできる、IOT・AI時代まで先をみすえた本格的なプログラミングをお届けします。

私たちの想い

cropped-prokids_logo_fuchi_mojinashi.png

Find your color.

Enjoy your color.

 

正解が1つではない時代だからこそ、子ども達には自分で考え、自分らしく生きる力をつけてほしい。

大人になって、そして1人の親になって、私たちが強く感じる想いを理念にしました。

 

簡単なレベルから、IOTからAIといった本格的なプログラミング体験を通して、子ども達の未来に寄り添っていきます。

私たちプロキッズと一緒に 、社会にでてからも通用する「一生モノの力」を作り上げていきましょう!

 

代表のご挨拶

 

子ども達が大人になる20年後は、どんな未来になっているでしょうか?
 
プロキッズの生徒に同じ質問をすると、タイムマシーンや自動走行する車など
とてもワクワクする答えが返ってきます。
 
「じゃあ、どうやったら作れるかな?」
 
漠然とした問いをどんどん噛み砕いていく力が、プログラミングの第一歩です。
これは将来どんな職業についても、難しい課題に挑戦する上で大事な力だと感じます。

 

プロキッズでは、子どもの新たな一面や興味を引き出し、将来の夢を加速させる支援を行います。
そして、自分の力で未来を切り開ける子に成長してほしいと思います。

プロキッズ代表 原正幸

メンバー

原 正幸

NECに入社後SE、商品企画を経て独立し、大手企業の新入社員教育などに従事。
子どもが生まれたことを機に、子どもの未来教育を行うプロキッズを設立。現在は、国立 名古屋工業大学非常勤講師も務める。
ハッカソン2連覇。学研やSMUA2015ファイナリスト、ウィルグループのHINODEアクセラレータプログラムにてアライアンス賞受賞。

プロキッズ 黒川瑠美子

黒川 瑠美子

早稲田大卒、MBA。学生時代はPR系ベンチャーで働き、大学卒業後はIT通信の法人営業、マーケティング、広報宣伝を行う。 自らの子育てを通して、子供たちの未来に必要な教育を日々考えていく中で、プロキッズの創業より関わる。

小豆畑さん

小豆畑 幸子

大学卒業後、行政システム開発に従事。二児の母。元エンジニアと自身の子育ての経験を生かして、2016年よりつくば校リーダーを担っている。

大嶋 わか菜

青山学院大学在籍。プログラミングスクールの御成門校のメンター。
プログラム初心者だったが、プロキッズで働き始めてから勉強してめきめきと上達。生徒からの人気も高い。

久保田 裕士

筑波大学大学院で、プラズマ物理学を研究。
研究で使う解析プログラムを作りながらPython勉強中。数字遊びが好きで、生徒たちが算数の問題に興味を持っていると、色々と教えてしまう。

遠藤 駿和

明治大学に在籍しながら、プロキッズにインターン中。働き方を変えてくれるかもしれない人工知能に興味をもち、文系ながらプログラミングスクールに通い始める。趣味はダンスで、今はダンスとプログラミングに明け暮れる日々。

サポートメンバー

小門 那緒

一橋大卒。学生時代にITベンチャーで働いたことをきっかけにエンジニアリングに興味を持ち、大学卒業後は人気ITメガベンチャーに就職。
会計システムやECサイトの企画・開発に従事後、2015年にベビーシッターサービス「キッズライン」を運営するスタートアップにエンジニアとしてジョインし現在に至る。

イーサン

台湾系カナダ人。ブリティッシュ・コロンビア大学卒業後、ベンチャーに勤務。しかし、デザインとテクノロジーを学びたいという想いから慶応大学に大学院生として入学。研究専門はGlobal Education。現在は、香港にて留学中。