【インターン体験談】第一回 レミさん

こんにちは!トモカです。

 

インターン生の私が同じく、インターンの方々にインタビューをして、その様子をお届けします。

これからインターンを始めてみたい方やプロキッズの雰囲気が伝わるよう、頑張ります!

 

初回となる第1回は、インターン生の頼れるリーダー「レミさん」に、

プロキッズでのインターンについてインタビューさせていただきました!

 

秋場玲美さん(Remi)

慶應義塾大学 法学部 法律学科 4年生。

文系でプログラミング初心者の中、ライターとしての広報活動を始めた。

現在はScratch・Python・KOOVの教材開発やオンライン・御成門校での講師も務めている。

 

0からのスタートだからこそ頑張れる

レ:秋場玲美さん

 

Q.まず初めになぜインターンを始めようと思ったのですか?

 

レ)本音を言えば、就活で話せるスキルが欲しかったからです。

大学三年生になって時間に余裕ができたのですが、何もしていないのはまずいな・・と思ってインターンを始めようと思いました。

せっかくやるならスキルや経験が身につくことをしたくて、長期のインターンを探していました。

 

Q.そんな中でプロキッズを選んだのはどうしてですか?

 

レ)もともと塾講師のアルバイトをしていて教育に興味があったからです。

また、私はメディア業界にも興味があって、ライターとしての活動志望でここに入りました。はじめは自分がプログラミングをするとは思ってもいませんでした(笑)

 

 

Q.そうなのですね。実際プログラミングを勉強して困ることはありましたか?

 

レ)インターンを始める前は学校のレポートやプレゼン程度でしかパソコンを触ったことがなかったのですが、特に問題はなかったです。

私は文系で、今までやったことない分野だからこそ頑張りたい!と思えた気がします。

 

自分の可能性に挑戦できる環境

 

 

Q.プロキッズのインターンの雰囲気はどのように感じますか?

 

レ)ベンチャー企業ならではのフランクさとスピード感を感じますね。

社員の人とも気軽にコミュニケーションを取れますし、対等に意見を言うことが出来ます。

 

また「こういうのはどうだろう」「やってみよう」と意思決定が早く、インターン生にも仕事を任せて頂けるのでやる気が出ます。

 

Q.インターンをしてよかったなと思うことはありますか?

 

レ)一つの業務に縛られないで、いろいろなことに挑戦することが出来たところですかね。

 

私は最初ライターでの活動報告がメインでしたが、すぐにScratchのテキスト変更を任せてもらえまし、KDDIやNECとのイベント運営を手伝うことも出来ました。

自分にできることを信じて仕事を振っていただけたことが嬉しかったです。

 

 

Q.インターンが就職活動に影響を与えたことはありましたか?

 

レ)結果としてメディア業界への興味が薄れました。

プロキッズで働くうちに、情報を発信するよりも、新しいものを作り自らが発信される側になりたいと思うようになりました。

 

またプロキッズで現場に立つことも、バックで支えることも両方経験することができて、自分は様々な場所を回って色々な経験をすることが好きだと気づきました。

 

Q.なるほど。面接でプロキッズでのインターンについて話すことはありましたか?

 

レ)ありました!面接官の方が一番食いついてくるのがここでのインターンの話でした(笑)

プログラミングの話はもちろん、それを通して子供たちが楽しんでくれた経験の話にとても興味を持っていただきました。

 

悩むよりもまずはやってみよう!

 

Q.最後にこれからインターンを始める人へのメッセージをお願いします!

 

レ)学生の貴重な時間を割いてプレ社会人を経験するのだから、やっぱり楽しいと思えることをやってほしいです。

自分に合っている業界かどうかは始めてみなくてはわからないので、悩んで時間を潰すのではなく、とりあえず飛び込んで挑戦してみることが大事だと思います。

 

 

レミさん、ありがとうございました!

 

私は初めてのインタビューということで少し緊張してしまったのですが、レミさんは優しく質問に答えてくださいました。

私も頼れる先輩目指して頑張ります!