【プレスリリース】プログラミング学習支援サイト「Code Land」リリース。 日本初!本格的なゲーム開発を行う「Game Maker Studio2」コースも新登場!

~コースも大刷新!小学生・中学生・高校生までの学びを支える場所へ~

 

子ども向けSTEAM※1プログラミング教育を行う株式会社プロキッズ(本社:東京都台東区、代表取締役社長:原 正幸、以下 プロキッズ)は、コロナによるオンライン学習の需要が高まる中で、プログラミング学習支援サイト「Code Land」をリリースしました。本リリースに伴い、現コースのリニューアルを始め、「iPhoneアプリコース」や学習コースとしては国内初となる本格的なゲーム開発を行う「GMSコース(Game Maker Studio2)」も新登場します。「Code Land」を通じて、小学生〜高校生までプログラミングスキルを高める場を目指します。
 

プログラミング学習支援サイト「Code Land」の画面

プログラミング学習支援サイト「Code Land」の画面

 

プログラミング学習支援サイト「Code Land」

 
「正解が1つではない時代にこそ、自分で考える学びを作りたい」
このような想いを込めた「自由な学び」の形こそ「Code Land」が目指す世界です。
「もっとやりたい」を大事に、各ミッションをどんどんクリアしながら、子どもたちが自由に自分のペースでプログラミングスキルを高められる場を実現します。
もちろん教材の閲覧以外にも、レッスンのスケジュールや学習状況なども知ることができ、LMS※2としての機能も兼ね備えております。
 

レッスンコースも大幅リニューアル

 
既存のWebコースやPythonコースのリニューアルも行いました。
HTML・CSS・JavaScriptを中心としたWebサイトコースは、PHPやWebサイト制作で利用されるBootstrapなどにも対応します。初めてプログラミング言語を学ぶ方にも、作品制作を通してどの言語が得意かという発見を楽しんでもらえるコースとなりました。また、データ解析やAIの分野で広く使われているプログラミング言語Pythonを扱うコースも画像処理やPyGameライブラリを活用したゲーム制作など、アウトプットの場をさらに増やしています。

 

Pythonコースの表紙

Pythonコースの表紙

 

待望のiPhoneアプリコースや日本初のGMSコース登場

 

お問い合わせも多かったiPhoneアプリコースに加え、この度学習コースとして日本初公開となるのが「GameMaker Studio2(以下GMS2)」を用いたゲーム開発コースです。GMS2は、2Dゲームに特化したゲーム開発ツールで、数多くの人気作品の開発に採用されています。また、スキルに合わせたゲーム制作を通じてコーディングも学べる点より、海外では中等・高等教育、さらには大学での教育用ツールとしてGMS2の採用が目立っており、日本のインターナショナルスクールの一部でも採用されています。プロキッズも世界のスタンダードをいち早くお届けし、世界に通用する子ども達の成長を後押しします。

 

GMS2を用いた開発画面

GMS2を用いた開発画面

 
<GameMaker Studio2(GMS2)の特徴>
 
(1) プログラミング初心者も始めやすい
今までコードを1行も書いたことない方でも、ブロックを繋ぐモードに切り替えてすぐにゲーム制作ができます。

(2) 中級者はコーディングにステップアップ
「GameMaker Language」という、JavaScriptに近いプログラミング言語を用いて、コーディングによるゲーム開発も可能です。
自分のスキルに合わせたゲーム制作手段を選択できることが、GMS2の大きな特徴です。

(3)本格的なゲーム制作に特化
GMS2にはゲーム制作に特化した機能が豊富で、グラフィックエディタを用いれば、ゲームに必要な素材はGMS2内ですぐに自作できます。また、作成したゲームをパソコンだけでなく、家庭用ゲーム機やスマホなどに出力することもできます。
 
<こんな方におすすめ>
 
・プログラミングを始めてみたいけどいきなりプログラミング言語から始めるのは不安
・ゲーム開発に興味がある
・Scratchよりも本格的なゲームを作ってみたい
・UnityやUnreal Engineなどのゲームエンジンはまだ難しいと感じている
 
子ども向けプログラミングにおいて、オンラインでのマンツーマンレッスンを先行してきたプロキッズは、今後も子どもたちの「やってみたい!」に寄り添い、今後もありそうでなかった学びの場を創出し、世界に通用する子ども達を後押してまいります。
 
※1 STEAM教育とは、科学(Science)、技術(Technology)、工学(Engineering)、芸術(Art)、数学(Mathematics)の5つの用語の頭文字をとった言葉で、21世紀型スキルを育成するための教育手法をいいます。
※2 LMSとは、学習管理システム(Learning Management System)の略です。e-Learningを行う上で必要となる、教材配信や成績などを管理する統合システムを指します。