【メンバー紹介】子育ての経験を活かしたい!

主婦とプログラミング先生の両立


 

プロキッズは小学生から中学生にプログラミングを教えるスクールです。

今回はその先生の一人である小豆畑(あずはた)さんを紹介します。

小豆畑さんはプロキッズのつくば校の先生でもあり、お子さんを育てる主婦でもあります。

 

 

仕事を始めたきっかけは子育て


 

ーこの仕事を始めたきっかけは何ですか?

 

理由は大きく2つあります。

1つ目は小学校でプログラミングが必修化されることを知ったからです。

2020年に小学校でプログラミングが必修化されるので、プログラミングと子育ての経験を活かして子どもたちに教える仕事に就きたいと思ったからです。

 

2つ目は子育てをブランクではなく、活かすことができるということです。

企業に就職すると子育て期間がブランクになってしまうことがあります。

でも、子供向けにプログラミングを教えるのであれば、その期間の経験がプラスに活かせると感じました。

 

ー主婦とのことですが、生活のやりくりはどうでしょうか?

 

週に数時間と短い時間なので予定が調整しやすいです。家族も支えてくれているので働きやすいです。

 

簡単で始めやすいプログラミング


 

ースクールでいつもどんなことをしていますか?

 

主にScratchを使って、子供達にプログラミングを教えています。

Scratchは目で見てわかりやすいので、初心者も簡単に始めることができます。

また、子供達の状況も把握しやすいのでヒントも出しやすいです。

 

 

つくば校の授業風景

 

子供達の嬉しそうな顔がやりがい


 

ーこの仕事のやりがいや魅力は何ですか?

 

子供達はたくさんアイディアを出して、チャレンジします。しかし、うまくいかず失敗することもたくさんあります。

こうした失敗と成功を繰り返して、うまく行ったときに嬉しそうな顔をします。

こんな顔を仕事の中で見れるのがやりがいですね。

 

つくば校スタッフ

 

ーどんな人がこの仕事に向いていると思いますか?

 

子供に教えるのが好きな人だと思います。

また、子育て経験を活かすことができると思うので主婦の方にもお勧めです。

 

メンバー募集

プロキッズで一緒に働いてみたいと思った方はこちら