【お知らせ】「たのしいmicro:bitコンテスト2019」を開催します!

〜プログラミング共有サービス「paddle」にて受付開始〜

 

 

2018年に開催された、教育用マイコンボード「micro:bit(マイクロビット)」を使った作品のコンテスト「micro:bitでつくってみよう!コンテスト」を2019年も開催します!

Maker Faire Tokyo 2019の会場内で、グランプリを決める決勝大会を行います! ぜひ、ご応募ください!

 

■主催
株式会社スイッチエデュケーション株式会社オライリー・ジャパン、株式会社プロキッズ

 

■参加費
無料

※ただし、必要な材料・機材は応募者側でご用意ください

 

■作品の条件
・「micro:bitを使った作品」であれば、テーマは自由です。
・プログラミング環境も不問(ブロックエディタ、MicroPython、Scratchなど)。
・センサーなどの部品、Raspberry Piなど他のボードの付加も自由。筐体に使う素材なども不問(ダンボール、ブロック、3Dプリンターで作ったパーツ、等)。
・Maker Faire Tokyo 2019の出展ガイドラインに合致しているものにすること

 

■応募期間

2019年4月19日(金)~6月9日(日)

 

■応募サイト

プログラミング作品の共有サイト「Paddle

https://paddle.prokids.jp/

 

■選出の流れ
①1次審査

以下の部門ごとに、1次審査を行います。プログラミング作品の共有サイト「Paddle」から、作品を応募してください。応募作品のなかから、各部門より2~3組を選出いたします。
・Kids&Family部門:小学生以下の子供+大人が対象
・Young Maker部門:中学生~高校生(18歳以下)が対象
・一般部門:年齢不問

②作品展示 (8/3~4)
1次審査を勝ち抜いた8~9組の皆さんには、Maker Faire Tokyo 2019にて作品を展示していただきます。多くの来場者に自分の作品を見てもらってください。2日間の展示の中で、来場者による投票も行います。

③決勝大会

8/4(日)、Maker Faire Tokyo 2019会場内で、決勝大会を行います。1次審査を勝ち抜いた8~9組の皆さん自身によるプレゼン、そして作品展示での投票数、観客の皆さんの反応などを総合して、審査員がその場でグランプリとその他受賞者を決定いたします!

 

■審査評価項目
・着想がユニークであるかどうか
・ものづくりの楽しさを感じられるかどうか
・みんなを楽しませるものであるかどうか
・プレゼンテーションに工夫がなされているかどうか

 

■各賞
・グランプリ(1名)iPad(32GB Wi-Fiモデル)+Apple Pencil、Make:書籍厳選セット、micro:bit用モジュールキット
・優秀賞(2名)Amazonギフト券 10,000円分、Make:書籍厳選セット、micro:bit用モジュールキット
・特別賞(5~6名)Amazonギフト券 5,000円分、Maker Faire Tokyoグッズ

 

■ご参考

スイッチエデュケーション

オライリー・ジャパン

「たのしいmicro:bitコンテスト2019」

「Maker Faire Tokyo 2019」